別れた彼氏とよりを戻した女性の体験談を募集してみました

今回もお金を払って「別れた彼氏とよりを戻した女性の体験談」を募集してみました。

まぁ…「勇気を出すことが大事」ってことですよね。

タイトル:再び幸せになることができました。

もともと彼氏とは別れていたのですが、お互いに別れた後も連絡を取り合う日々が続いていました。一度別れたので、相手のことを忘れる努力をしていたのですが、決して忘れることができなかったのです。忘れることができなかったので、相手にずっと連絡をしていました。
連絡が来ると、心が安心していたのです。一度別れた相手と連絡が繋がるたびに幸せを感じることは、とてもおかしいと思っていました。そのような矛盾した気持ちを持ち続けることはあまり良くないと思っていたので、相手に思っている気持ちをぶつけようと思ったのです。
緊張しましたが、彼に電話をして思いをぶつけてみることにしました。
相手の気持ちをはっきりと知らなかったので、断られることが不安でしたが、相手も同じ気持ちでした。再び恋人同士になれて嬉しいです。

タイトル:別れた彼からラブコール

当時付き合っていた彼は高校時代の同級生。
お互いに好きで好きで付き合い始めて、高校卒業後は2人でそのまま上京。お互い夢に向かって頑張っていました。ところが彼が急に留学をすることに。夢を追いかけていた私、彼の思いを反対するはずがありません。絶対に信じていたからもちろん応援していました。
それなのに、留学後 1年ほど経って、突然の別れ。信じられませんでした。信じ切っていた自分はなんなんだろう、と自暴自棄にもなりました。好きでたまらなかったのに・・・もしも気持ちが戻ってきたら、もう一度やり直そう、と言い残して別れました。
それから1年も経った頃でしょうか、別れは彼から突然の連絡。もう一度付き合ってほしい、と。別れた後も彼のことが忘れられず、他の人と付き合ってみるものの、本当の気持ちのないままだったのが真実。もう一度付き合ってみることになりました。ヨリを戻した方法、というわけではありませんが、私の場合はずっと思い続けていたからこそ、あの時、悪い別れ方をしなかったのがよかったのかな。と思っています。

タイトル:別れた彼氏とヨリを戻して楽しいです

3年間付き合っていた彼と別れ、半年経ってもまだ忘れることができず、ずっと引きずっていたのでその後、彼に気持ちを伝えヨリを戻すことに成功しました。元彼に気持ちを伝えるかどうか迷い、元彼は彼女ができたと耳にしたので躊躇しましたが、素直に自分の気持ちを伝えると了承してくれたので、復帰することができました。ヨリを戻したいことをはっきり伝えると相手も正直に気持ちを了承してくれたので、以前と同様にお付き合いすることになりました。 お互いの悪い点なども知っているので、そういう部分はお互い指摘して治すように努力することにしました。一人暮らしをしていたので、たまに食事を作って一緒に食べたり、メリハリある生活を送るようにしました。

タイトル:大学生の頃の話です。

大学1年生の頃、1年間付き合った彼氏と別れました。お互いを嫌いになったわけではなく、お互いが趣味とか部活を優先させようということでお別れすることになりました。
その後私はカナダのバンクーバーに半年間語学留学に行きました。
私はカナダで新しい彼氏ができましたが、前の彼氏と比べてしまい、すぐに別れることになりました。その後留学から戻って、再度元彼と会うようになりました。元彼も半年の間に何人かとお付き合いしたらしいのですが、すぐに別れていたみたいです。それで話をしているうちに、やっぱり私たちには私たち同士しか合わないのかなという結論に至り、ヨリを戻すことになりました。元鞘に戻るというのでしょうか、やっぱりとても落ち着きます。

タイトル:社交ダンスを理由にヨリを戻した

彼氏と別れた時は、遠距離恋愛が1年ほど続き、お互いに精神的にも身体的にも疲れが出た頃でした。仕方ないと分かっていても辛かったのを覚えています。
彼と別れたのを忘れるために、自分がのめり込める趣味を見つけようとして、習い始めたのが社交ダンスです。週に一回の社交ダンスは私のストレス発散になり、とても楽しく通うことができました。社交ダンスを習って2ヶ月後、突然彼から連絡が来たのです。
実は彼は大学の時に社交ダンスのサークルに入っていて、SNSで私が社交ダンスしていることを知り、連絡してくれたようでした。もともと同年代で社交ダンスをする相手がいなくて困っていた彼は、私とペアを組み、社交ダンスを一緒に始めました。
それがきっかけで、ヨリを戻したのです。

タイトル:やっぱり彼しかいない

19歳の時に付き合っていた彼と一度別れ、すぐによりを戻して、また付き合いをして欲しいと頼みました。別れた原因は、私ばかり彼のことを好きな気がして、悔しかったので、本当は別れなくないのに私のほうから別れようと気を引くために言ったのです。
そしたら彼は、すんなり承諾してしまい、引き留めてくれないってことはあんまり私のことを好きではないのだと感じ、しばらくは落ち込んでいました。その間に、友達に誘われて合コンにいったり、男の人を紹介してもらったりもしましたが、頭に浮かぶのは別れた彼のことばかりでした。ある時、私ばかり好きでもいいじゃないか、誰かに彼をとられてこの先後悔したくないと感じ、すぐに彼に謝り、よりを戻したのです。

タイトル:忘れられなかった元彼との復縁

私は、高校1年生の頃に一目惚れして、付き合い初めて彼氏がいました。
順調なお付き合いをしていましたが、彼が2歳年上で、大学受験に失敗して浪人することになり、予備校生活が忙しくなったことがきっかけで別れてしまいました。しかし私は彼のことがとても好きだったので、別れてからもなかなか彼のことを忘れることができず数年が経ってしまいました。彼は受験に合格して地元から離れた土地の大学へ進学していました。そして、 時が経ち、私も受験生になり、俺があって彼の大学と近い大学へ通うことになりました。そのことがきっかけで、大学生になってからまた2人で遊んだり食事に行ったりすることが多くなり、そのうちにまた寄りを戻すと言う流れになりました。

タイトル:一人になってお互いの存在の大切さを再確認

27歳のときに3歳年上の彼と別れました。理由は彼の海外赴任で、まだ付き合い始めて1年だったため付いて行こうとは思えませんでした。彼の赴任先はイギリスでとりあえず遠距離恋愛を始めましたが、なかなか連絡することもできず会えるのは年に2回程度で1年もたたないうちに私のほうが限界になってしまいました。
彼と別れてからはお一人様を満喫しました。女友達と飲み歩いたり合コンや街コンに参加してみたり、ちょっとだけ付き合った男性もいました。しかし彼のような人は他にいないと気付き、別れたことを後悔する日もありました。
私が30歳になって彼は日本に戻ってきました。共通の友達からその情報は聞いたのですが、自分からは彼に連絡することができませんでした。友達を通じて会いたいと伝えてもらうと彼からすぐに連絡があり、何回か食事をしたり飲んだりしてからまた付き合うことになりました。3年間のブランクはすぐに埋まり、次の年に結婚しました。

タイトル:喧嘩の延長線のような別れ

とても大好きな彼がいました。
初めて別れてしまった時は、喧嘩別れのような感じです。
お互いカァーっとなってしまい、「別れる!」「そうしよう!」みたいな感じでした。
喧嘩別れというか喧嘩の延長のような感じです。1週間しない前にお互い謝り復縁しました。
別れた期間は短いかもしれないけど、とても後悔して、2度と彼を失いたくないと思い、とても反省しました。それでも喧嘩がヒートアップするとつい「別れ」という言葉が口から出そうになってしまうことが何度もありました。すぐに復縁したと言えど、カッとなって別れをお互い切り出したということは、いくら反省しても、また簡単に口に出せてしまう言葉になってしまいました。その彼とは、結局長くは続きませんでした。

タイトル:やっぱり好きなんだと思う。

本当に些細なことでケンカし別れることにしましたが、同棲していたこともあり一度も会わない日と言うのが本当に辛く何をしていても、彼の事ばかりが頭から離れず、美味しいものも美味しいと素直に感じられない、楽しいことも楽しいと感じられない日々、1日がこんなに長いものだとは本当に思いませんでした。小さな幸せが彼といると倍増し幸せの感じ方も何倍にも感じていたことを改めて実感し、この素直な気持ちを彼に伝え、彼も同じ気持ちだったようで元サヤに戻りました。お互いの存在の大きさに気づきさらに絆が深まったように思います。相手を思いやる気持ち、思いやりの気持ちで日々過ごせるようになり、一度離れたことは本当に良かったと思います。

ちなみに今日は12月5日は昔の彼女の誕生日です。ひとこと「誕生日おめでとう」。

以上です。

スポンサーリンク