好きなことだけして生きていきたいけど・・・

スポンサーリンク

「好きなことだけやって生きていきたい!」
「会社を辞めたい!」
「もっと自分の自由になる時間が欲しい!」と考えることがあります。

帰宅して子供たちを寝かせてから、毎日2~3時間ほど趣味の勉強をしてブログを書いていると夜中の2~3時、この生活をすでに2年以上続けているわけで(最近は勉強の方に時間をさいているのでブログの更新はまちまちですが・・・)

ブログを毎日書いても生活できるほどのお金にはなっていませんので、やっぱりインターネットでお金を稼ぐって難しいなとあらためて思います(月に1~5万程度なら簡単ですが)

スポンサーリンク

YouTubeって儲かるの?

前提として2018年の2月20日から、YouTubeの広告収入に関する規約が変更されました。
これからは、「チャンネル登録者数1000人以上」かつ「過去1年間の動画再生時間が4000時間以上」でなければ広告料が入ってきません。今まではGoogleAdsenseを取得していればよかったため、YouTube動画を収益化するためのハードルがかなり引き上げられました

 

「Aさんの場合」
ヒカキンやはじめしゃちょーのように、顔出しをして何かをする勇気はないので、ネット上の情報をまとめた動画でうまく作れないかと色々と試してみたことがあります。
良く2ちゃんねるやニュースなどの文章が流れるタイプの動画です。
作るのはウィンドウズのフリーソフトで簡単に作れました。
自分で見て面白いかどうかは別にして、とりあえず作ったあと20個ほど動画をアップしましたが、自分が時々アクセスする以外は全くカウントが伸びず・・・。
同じようなタイプの動画の視聴回数が伸びているものがあるのは、やはりしっかり研究したうえでアップロードされているのでしょう。
世の中そんなに甘くないなと痛感しました。
2~3か月は続けてみましたが、結局100回ほどの回数しか増えずに辞めてしまいました。

 

「Bさんの場合」
元々ニコニコ動画に投稿していたゲーム実況者ですが、苦労して動画撮影して、時間かけて編集しているんだったら、そのままyoutubeにも投稿したらどうかと思い、youtubeにも動画を投稿しはじめました。
人気実況者でもないので、動画再生数は微々たるものです。いったなーと思うものでも、せいぜい再生数数千といったところで、インカムも当然ながら微々たるものでした。
そんな中、偶然にも万以上の再生数を稼げた動画がありましたが、BGMが著作権に引っかかってしまい、広告がつけられず、収入はゼロとなりました。よしんば広告つけられたとしても、せいぜい数千円といったところです。
何百と動画をアップして、収入数千円ですから、よほど人気がでない限りは正直儲かりません。

 

「Cさんの場合」
YouTubeに動画を投稿し始めて、2年が経過をしました。最初の1年間は、アクセス数も多くなく、収益として稼ぐ事はあまり出来ませんでした。月あたり200円程度しか稼ぐことができないような月もありました。ただ動画を投稿していくと、お気に入りの人の数が増えていったので、いつかは多くのアクセスがもらえるのではないかと続けていきました。
結果が出始めたのは、1年を経過したころからで自分が趣味としている鉄道や飛行機の写真を動画にして投稿するようになると、こうしたものも趣味としている人たちからのアクセスが増えるようになってきました。今では動画を見てくれる人の数も増え、1月当たり多い時で20,000円近い収益を出すことができるようになってきました。

 

YouTubeはコツコツとマーケティングをして、毎日のように質の高い動画を投稿し続ける必要がありますし、すぐに収益化を狙う方にとっては向かないコンテンツですね。

やっぱり、本当に好きなことだけやって生きていくのは難しいですね。